カレー煮込みとは

名古屋めしというと、皆様は何を思い浮かべるでしょうか?
某サイトによりますと、味噌煮込み、手羽先、味噌カツ、あんかけスパ、台湾ラーメン、きしめん…と続くようです。
他にもひつまぶしや天むす、ういろうも有名ですね。


しかし、ちょっと待っていただきたい。
カレー煮込みというディープな名古屋めしがあるんです。

カレー煮込みとは、という前にまず、「煮込み」とは?

みそ煮込みでおなじみの、煮込みという言葉。
これが結構多くの方に誤解されているようです。

まず、普通のうどんを土鍋で煮込んでも、煮込みとは言いません
普通のうどんは、食塩水を使って打ちます。
だから生麺をかじると、非常にしょっぱい味がします。
これを釜で茹でてやることで、塩が抜け、コシのあるうどんになります。

対して煮込みは、スープの中へ直接生麺を入れて煮込むため、
食塩水を使うと、その塩分がスープに溶け出し、スープの味を損なってしまいます。
だから、煮込みに使う麺は、真水で打たなければなりません。
つまり、うどんと煮込みとは、まったく違う製法によるものなのです

カレー煮込みとは、各店自慢のカレースープで、自慢の煮込み麺を煮込んだもの。
アツアツのカレーの中でも、しっかり存在感を発揮する煮込み麺が堪りません!

また、煮込み麺は固いという偏見をお持ちの方、
決してそれほど固い店ばかりではありませんよ。
もちろん、普通のうどんとは食感が違いますが、
製法により、またお店により、固さはさまざま。
自分の好みの煮込み麺を探してみるのも面白いかもしれませんね!


そんなディープな名古屋めし、カレー煮込み
今までかくれた名古屋めしでしたが、この夏、尾張・名古屋地区で一斉にイベント販売します。

ぜひあなたもこのディープな魅力を感じてみませんか?